MENU
よっしー
兼業ブロガー
30代の兼業主婦
もうすぐ3歳になる息子と、年下の夫との3人暮らし。
『子育てのある暮らしを、楽しく・便利に』をテーマに情報をお伝えしています。
月を選択

澤田木工所 木製おりたたみハイ・ローチェアのレビュー

今回おすすめとして紹介するのは、澤田木工所の「New 木製おりたたみ ハイ・ローチェアです。

テーブル付きで折りたたむこともできるハイチェアで、高さ調整もできるためローチェアとしても使える優れものです。

シンプルかつ木製なので、ダイニングの雰囲気も壊しません。

 

 

ここからは、実際に我が家で使っているハイ・ローチェアのサイズ感や、使っていての感想、
メリット・デメリットなどをお伝えしていきます。

 

なお、我が家で使っているのは「New 木製おりたたみ ハイ・ローチェア」となっており、同じ澤田木工所でもAmazonや楽天で取り扱っているものと若干仕様が異なるところがあります。

その点も抑えてレビューをお伝えしていきますので、参考にしてみてください。

 

 

目次

New 木製おりたたみ ハイ・ローチェアの概要

ヨッシーたろう

まず、こちらが全体を写した写真です。

参考までに、奥にあるテーブルはIKEA購入の2人用のダイニングテーブルです。

仕様対象年齢:生後6ヶ月〜60ヶ月未満

サイズ:下記表をご覧ください

幅 × 高さ × 奥行き (cm) テーブルの高さ (cm) 座面の高さ (cm)
ローチェア時 44.5 × 59 × 48 45 25
ハイチェア時(最下段) 59 39
ハイチェア時(2段目) 65 45
ハイチェア時(3段目) 70 50
ハイチェア時(最上段) 47.5 × 90.5 × 62.5 77 57

 

材質:天然木

オプション:腰ベルト、サイドベルト付き

 

ヨッシーたろう

全部で5段階の高さ調整ができるので、安心して各ご自宅のダイニングテーブルの高さに合わせられるかと思います

 

 

続きまして、納品時ですが下写真のようになっております。

サイズ感がわかるように、ペットボトル2Lを上部に置いておきました。

 

続いて箱を開けると、軽く梱包材で包まれていてます。

 

梱包材を取り、

 

折りたたまれた状態から開けば、もうハイチェアとして使えます。

ヨッシーたろう

基本的な組み立てが要らないのは、ありがたいですね!

 

 

もちろん、ここから各ご自宅に合わせた高さ調整は必要になってきます。

下写真のネジ留め部分を(計4ヶ所)を外して調整してください。

1ヶ所は奥まって見えなかったため印をつけていませんが、計4ヶ所です

 

 

New 木製おりたたみ ハイ・ローチェアのメリット・デメリット

ではここからはメリットとデメリットをお伝えしていきます。

 

New 木製おりたたみ ハイ・ローチェアのメリット

  • 基本的な組み立てが不要
  • ミニテーブル付き
  • 5段階の高さ調整
  • ローチェアとしても使用できる

 

ヨッシーたろう

わたしが感じたメリットは上記4点です。

詳しく説明していきますね

 

基本的な組み立てが不要

こちらは概要の部分でも触れましたが、納品されたダンボールを開ければ梱包材を解いて、折りたたまれた状態から開けば、すでに最低限使える状態になっています。

最近は配送時のカサを減らすために、細かい部品に別れている場合も多く「組み立てが面倒」と感じる方も多いかと思います。

 

ヨッシーたろう

その点、こちらは届いてからすぐ使えるのでありがたいですね!

 

 

ミニテーブル付き

ヨッシーたろう

こちらは実際の写真をみた方が早いですね

 

こちらのミニテーブルですが、背面に回っていたテーブルを手前に持ってくるだけです。

こちらも、もちろん組み立ては不要となっています。

 

背面にくるっと回すだけでテーブルがないハイチェアにもできるので、広いダイニングテーブルの方は使わないという選択肢も選べます。

 

ヨッシーたろう

ちなみに我が家がこのハイチェアに決めた決定打がこのミニテーブル。

出産前の2人用ダイニングテーブルのままで買い換える予定もなかったため、テーブル付きでないと困るからです。

 

戸建住まいで、広いダイニングの方にはミニテーブルは不要かと思いますが、賃貸でキッチンとダイニングが一緒というお宅では使い勝手がいいのかなと思います。

 

5段階の高さ調整

5段階の高さ調整をメリットにあげた理由としては、最近はダイニングテーブルの高さがメーカーによってかなり違ってくるというのがあるからです。

ダイニングテーブルを買うときにIKEAとニトリをはしごして見て回ったのですが、IKEAはテーブル高め、ニトリはテーブルが低めとなっています。

実際にテーブルに合わせたイスに座るとわかるのですが、個人的にはかなり高さが違った気がしました。

 

我が家ではIKEAのダイニングテーブルを使用していますが、こちらは程よく高さを合わせられています。

我が家では、ダイニングテーブルの上側にミニテーブルを合わせましたが、もちろん下側にも調整できるのでお好みに合わせてみてください。

 

ローチェアとしても使用できる

我が家では今のところローチェアで使ってはいませんが、こちらをメリットとしてあげた理由としては、ハイチェアとして利用したのちに、ミニテーブルを買い足して子ども用作業テーブルセットとして使えたりと、用途の幅が広げられるので使い勝手がいいかなと思いました。

 

 

New 木製おりたたみ ハイ・ローチェアのデメリット

  • イスの掃除が面倒
  • 子どもが座ってからのミニテーブル設置ができない

 

ヨッシーたろう

わたしが感じたデメリットは上記2点です!

 

 

イスの掃除が面倒

ヨッシーたろう

では、掃除が面倒なポイントを3つ、写真を添えてお伝えしていきます

 

パターン1

この黒いベルト部分ですが、金具で止められており、取り外しができません。

テーブルとこどものお腹の隙間から、食事エプロンもすり抜け食べこぼしが落ちていくのですが、このベルト部分に着いてしまうと液体系は完全には取りのぞけません。

個人的に困ったのはヨーグルトが付いた時で、ベルトの網目に入り込んで白い汚れが取りきれませんでした。

ヨッシーたろう

頑張って歯ブラシでこすれば取れるかとは思いますが、毎回食べ散らかされてしまうので諦めたのが現状です

 

 

パターン2

こちらイス座面の左側になるのですが、2~3ミリの隙間があり、食べこぼしが入り込みます。

こちら以外にも折りたたみや高さの調整、動かせるミニテーブルなどで調整ができる分、イスに細かい隙間がたくさんあります。

この隙間にお米が入り込んだり、パスタが入り込んだり野菜が挟まっていたりとキリがありません。

 

ヨッシーたろう

テーブル用ふきんを隙間に通して拭き取りはできますが、正直なところ毎回やるのは面倒なので、隙間を拭くのは2〜3日に1回程度にしています

 

 

パターン3

イスの足部分と子どもが足を置く部分が平たいため、食べこぼしはもちろん、気づいたらホコリが結構たまっています。

個人的にはいつもキレイにしておきたいので、こういった細かい部分が気になってしまいました。

 

下記商品のようなイスを4点で支えるタイプであれば、食べこぼしやホコリがたまる部分が少なくなるので、掃除はしやすいかと思います。

 

子どもが座ってからのミニテーブル設置ができない

これは買ってイスの構造をみてから気付きました。

 

写真のように、テーブルを使うときは背面から回して持ってきます。

ミニテーブルを背面から持ってくると、背もたれギリギリを通過していくので、子どもを座らせた状態からミニテーブルは持ってこれません。

そうなると、子どもが大きくなってくるとミニテーブルは使えなくなるであろうと予想がつきます。

 

今息子くんは2歳前、身長も82cmなので、特に問題なく抱っこしてテーブルに足を通して使えることができますが、「いつ頃まで使えるかな…?」といった具合です。

 

ヨッシーたろう

また息子くんがテーブルを使えなくなってきたら記事を更新していきます!

 

同じ澤田木工所のハイ・ローチェアについて

今回記事を書くにあたり、澤田木工所の公式サイトやAmazon、楽天も一緒に調べていたのですが、今回紹介しているNew 木製 おりたたみハイ・ローチェア」はアカチャンホンポで取り扱ってる商品のようです。

 

ヨッシーたろう

購入したのが約1年前で、旦那さんに聞いても「どこで買ったっけ?」と言われてしまい、我が家での購入履歴が追跡できず申し訳ありません

 

ただ、納品時の箱の写真があるので、正確な商品名は把握できます。

「株式会社 澤田木工所」「New 木製折りたたみ ハイ・ローチェア」が確認できます。

 

 

ヨッシーたろう

ではここからはAmazonと楽天で取り扱っている澤田木工所のハイチェアについてお伝えしていきます

 

Amazon

アマゾンで「澤田木工所 ハイチェア」で検索すると、2020/05/25現在はハイチェア及びローチェアしか出てきませんでした。

 

下記写真のような高さ調整がなく、背もたれ部分も若干仕様が違うものが検索されます。

楽天

一方楽天は、同じ「澤田木工所 ハイチェア」で検索すると沢山の商品が出てきます。

 

楽天は、わたしが購入したハイ・ローチェアとほぼ一緒の商品があり澤田木工所の公式サイトもこちらの商品が「特価商品 セットアップハイローチェア」として確認できます。

 

 

 

 

ヨッシーたろう

わたしが見る限り、違う部分はイスのデザイン(背もたれ部分)だけのような気がします

 

もしかしたら見えないところで仕様が異なっているかもしれないので、細かく気になる方は、お手数ですが各ページを見比べてみてくださいませ。

 

補足ですが2020/05/25現在、送料は別にして

  • 澤田木工所公式サイト「特価商品 セットアップハイローチェア」税込8281円
  • 楽天にある「木製 おりたたみ セットアップハイローチェア」税込8480円
  • オムニ7(アカチャンホンポ)「New 木製おりたたみ ハイ・ローチェア」税込11,880円

となっていました。

 

価格だけ比べるとアカチャンホンポが高いので、「なんで自分買ったんだろう?」と思ったのですが、当時商品券やポイントがあったのでそれを使ったのかもしれません。

 

ヨッシーたろう

出産祝いでアカチャンホンポの商品券を頂いたりする機会もあるかと思うので、そういったことも踏まえて検討してみてくださいませ

 

 

さいごに

今回記事を書いていて、ベビーチェアの選び方に関しては、これはもうご自宅のダイニング状況やライフプラン(マイホーム購入や次の出産など)で全く異なってくるなと思いました。

早い段階でマイホーム購入して、大きいダイニングテーブルに合わせたハイチェアを購入…という流れであればさほど迷うこともないのですが、団地住まいのわたしとしてはいかにスペースを有効活用できるか、なるべく無駄の発生しない我が家にあったものは何なのか…をググりにググっていつも決めています。

 

ベビーチェアに限らずですが、個人的には「目的に合ったもの」をしっかり洗い出してから自分に合う商品を選択するとなるべく失敗を少なくできるのかなと感じています。

 

ヨッシーたろう

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる