MENU
よっしー
兼業ブロガー
30代の兼業主婦
もうすぐ3歳になる息子と、年下の夫との3人暮らし。
『子育てのある暮らしを、楽しく・便利に』をテーマに情報をお伝えしています。
月を選択

お出かけ先のオムツ持ち帰りも怖くない!「驚異の防臭袋BOS」

こんにちは、よっしーです!

先日家族と友人でお花見に行き、息子くんは初めて屋外で長時間過ごしました。

トータル6時間は屋外だったため一度外でオムツを替えることになり、使用済みオムツは持ち帰りです。

 

今回紹介するのは、お出かけ先のオムツの持ち帰りのときに活躍する子育てグッズ「驚異の防臭袋BOS」です。

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

自ら驚異の防臭袋というあたり、会社の確固たる自信を感じますね。

ですがその名に恥じない性能を兼ね備えた商品です。

 

防臭袋BOSの中でも、わたしが購入したものは「Sサイズ(200枚入)」になるので、こちらをベースに紹介していきます。

 

 

 

目次

驚異の防臭袋BOS(Sサイズ 200枚入り)の概要

ここでは、箱や袋のサイズ、重さ、においモレなどをお伝えしていきます。

 

サイズ

箱の大きさは「21.7× 8 × 5.6 センチ」となっています。

 

わかりやすくティッシュボックスと比較してみました。

1枚目は上から撮った写真。
縦、横の大きさがわかるかと思います。

 

続いて2枚目。こちらで高さもわかりますね。

 

見てわかるように、ティッシュボックスよりは一回り小さい印象です。

ですが高さに関しては、少しだけ防臭袋BOSの方が上回っています。

 

箱型でしっかりしているので、縦置き横置きどの向きで置いても安定するのと、
ティッシュと同じようにつまむだけで取り出せるのところがポイントです。

 

 

続いて袋の大きさをお伝えします。

サイズは「20×30センチ」で、取り出してみるとこちら。

あかちゃん用のオムツが1個入るサイズとなっています。

 

こちらはオムツ用で紹介をしていますが、魚や玉ねぎなどの生ごみを入れるのもいいかと思います。

台所で使っても邪魔にならない大きさです。

 

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

では続いてこちらに実際オムツを入れてみるとどうなるかをお見せしますね。

 

パンパースMサイズ(テープ型)の使用済みオムツを入れた写真がこちらです。

 

できる限りパンパンになっていたオムツを選びましたが、これでもまだ余裕があります。

余裕があっても2個入れるのは難しいので、あくまで1袋にひとつまでです。

 

この袋に実際に入れて結んでみるとわかるのですが、袋を引っ張ると少し伸びてくれるので閉じやすくなっています

普通の取っ手のないビニール袋だと伸びなくて固結びしにくいですが、こちらは大丈夫。

写真よりもう少し詰まっていても結ぶことができます。

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

こういうちょっとしたところがあると、助かりますね。

 

 

重さ

重さに関しては「517グラム」あるので、ペットボトル約1本分ぐらいです。

ティッシュボックスと比べてしまうと重量感がありますが、箱ごと持ち歩くことはほとんどないので気になりません。

外出時持っていくとしても中の袋、使用枚数+予備だけにするかと思うので重さは大丈夫でしょう。

 

 

においモレについて

さて肝心のにおいモレですが、ありません。

こればっかりは写真でお伝えしたりできないのが申し訳ないのですが、
息子くんのたっぷりうんちを含んだオムツをかいでも臭くありませんでした。

袋に鼻をつけてかいでも大丈夫です。

こればっかりは買って使ってみないとわからない部分ではあります。

 

ですが公式ホームページによると、
スカトール(大便などに含まれる強烈な悪臭成分)を入れて密封し、
経過時間ごとに袋から漏れ出たスカトールの検出濃度を測定する防臭実験をしたところ、
24時間経っても検出不能だったようです。

また臭い漏れを感じるまでの時間も調べていて、
他社製品(消臭剤入り袋)は数時間後には約60%の人が臭いと感じているのにも関わらず、
防臭袋BOSは3日目まで100%の人が臭くないと回答したとのこと。

 

いろいろ書いてあっても使ってみないことには何とも言えないですが、
わたしは使ってみて、においモレを感じませんでした。 

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

なので、我が家ではお出かけ時の必需品になっています。
車や電車の移動で持ち歩いていても怖くないですよ。

 

 

 

驚異の防臭袋BOSのその他ラインナップ

驚異の防臭袋BOSには先ほど紹介したSサイズ以外にもサイズが多数あります。

全部で「SS・S・M・ロング・L・LL・20リットル」の7種類あるのですが、
今回はその中でもオムツを入れるのにおすすめな「SS・S・M・ロング」の4種類のサイズを紹介していきます。

 

 

SSサイズ

 

こちらは防臭袋BOSの中で一番小さいサイズとなってて、袋の大きさは「17×27センチ」です。

新生児用のオムツが1個入るサイズということなので、
先ほど紹介したようなMサイズのオムツを入れるとなるとギリギリになってくるかもしれません。

それ以降のLサイズのオムツになってくると結ぶのが厳しくなってくるでしょう。

 

Sサイズ

 

こちらは先ほど紹介したものになるので、詳細は割愛させていただきます。

赤ちゃん用のオムツが1個入るため、長期間使える便利なサイズです。

 

 

Mサイズ

 

こちらの袋の大きさは「23×38センチ」です。

お出かけ時に複数のオムツが入るようにと、ゆったりとした大きさ。

赤ちゃん用のLサイズオムツが4~5個入ります。

 

袋のサイズが大きいので、おもらしで服が汚れたときにも使えて安心です。

 

 

ロングサイズ

 

こちらは傘袋のような縦長の特殊な形になっていて、袋の大きさが「17×75センチ」です。

オムツをひとつ入れるたびに結んで口を閉じ、1袋でオムツを3~4個入れることができます。

 

「1回分ずつ捨てるのはもったいない」と、そんなお母さんたちの声から生まれた商品だそうです。

 

 

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

これで4種類のサイズ紹介は終わりです。

 

ここでひとつ補足しておきたいことがあります。

防臭袋BOSはそれぞれの用途向けに合わせたパッケージが多数あり、
「ベビー用」「大人用」「ペット用」「生ごみ用」など記載がされていますが、

防臭力はどちらのパッケージを選んでも変わらないそうです。

 

ですのでパッケージに惑わされずに、自分に合ったサイズを選んでいってください。

 

ここでは枚数が多めのボックスに入っているタイプの紹介が多かったですが、15枚入りや30枚、90枚入りなども出ています。

使う枚数に合わせて選んでみてください。

 

 

 

さいごに

我が家では、この防臭袋を使うのはうんちくんが付いたオムツのときだけでした。

生後4か月ぐらいまではおしっこのオムツはそこまで臭くなかったのです。

 

ですが生後5か月経ったころから離乳食をはじめると、おしっこのオムツも匂うようになってきて、
最近は全てのオムツに防臭袋を使おうかと検討しています。

幸い、息子くんが保育園に入ったため家でのオムツ替えのペースが落ちてきて
全てに使っていっても中々減らないかと踏んでいます。

こういった変化もあるので、検討している方は必要になってくる枚数など参考にしてみてください。

 

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

それでは最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる