MENU
よっしー
兼業ブロガー
30代の兼業主婦
もうすぐ3歳になる息子と、年下の夫との3人暮らし。
『子育てのある暮らしを、楽しく・便利に』をテーマに情報をお伝えしています。
月を選択

「リノベーション」って何?リフォームとの違いとは

こんにちは、よっしーです。

団地を買ってリフォームやリノベーションをしようと考えたとき、「リフォームとリノベーションって何が違うんだろう?」と疑問に思う人は多いかと思います。
わたしも団地を買ってリノベーションしていくにあたり、疑問に思ったひとりです。

 

これからリフォーム会社を決めて担当の方と打ち合わせをしていく上で、より希望に近い家にしていくためにも押さえておきたい言葉なので、ぜひ理解しておきましょう。

 

ちなみに、わたしは納得するまで調べるのに1時間ほどかかってしまいました。
団地も購入済みだったので、時間がもったいなかったですね。

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

なので、最初に結論からお伝えします!

 

リフォーム:既存の家を建築当初の状態に修繕すること
リノベーション:間取りも全てゼロから作り直して改修すること

 

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

言葉だけだと、ちょっとわかりにくいですね

図もあわせて説明していきます

 

 

リフォームとは 

 

例えば下図のような間取りの、築50年近いマンションがあるとします。
ちなみにこちらは、わたしが買った団地とほぼ同じ間取りです。

ダイニングキッチン、和室、洗面、浴室、トイレなどいくつか部屋や設備がありますね。
この中で老朽化で機能面が落ち、その一部分だけを修繕する場合はリフォームになります。

 

 

下図のようにトイレだけを新しくするとなるとリフォームですね。

 

リフォームは「既存の家を建築当初の状態に修繕すること」なので、
間取りは建築当初のままになる

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

築20~30年の中古マンションであれば、
都合の悪いところだけをリフォームするのもいいですね

 

 

リノベーションとは  

 

先ほどと同じ間取りの、中古マンションがあるとします。

 

リノベーションでは、下図のように壁や床材などは取り払ってしまいます。

壁や床など全て取りはらうと、このようなコンクリートむき出しの家になります。
(厳密にはコンクリート製の壁は壊せない場合が多く、ここまで何もない状態にはできません。
このことに関しては、また別記事で紹介していきます。)

 

一度このような何もない状態にして、
自分のライフスタイルに合った家をゼロから作っていく場合はリノベーションになります

 

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

ではイメージしやすいよう、
このままリノベーションを進めてみます

 

例えば「床は無垢のオーク材がいいな」とお願いすれば、

このように、無垢のオーク材で作ってくれます。

 

 

他に「洋室には大きいクローゼットが欲しい」「洗面台と洗濯機の位置を交換してほしい」
などの希望を伝えると、

このように希望に沿ったイメージで、リフォーム会社が間取りを提案してくれます。

 

さらに「広いリビングダイニングキッチンが欲しい」「子供がいるので個室がもう一つ欲しい」と伝えていくと、

最終的に、このような間取りで提案されるかもしれません。
リノベーションだとかなり自由度が高いことがわかりますね。

 

リノベーションは、間取りも設備もゼロから細かく指定できるので
より自分の理想に合った家を作ることができる

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

多くの団地は築50年近くの建物が多いため、
リノベーションが多くなるのもうなずけますね

 

 

築年数ほどほどで、リフォームするのもよし。
年期の入った物件で、リノベーションするのもよし。

どちらにしても自分のライフスタイルや家族構成、予算を考えて総合的に選ぶことが大事です。

 

では今回の「リフォームとリノベーションの違いについて」はここまでになります。
少しでもみなさんのリフォームやリノベーションの手助けになっていたら幸いです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

今後も「後悔のない、すてきな団地リノベーションができるように」をモットーに記事をかいていきますので、よろしくお願いします。

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる