MENU
よっしー
兼業ブロガー
30代の兼業主婦
もうすぐ3歳になる息子と、年下の夫との3人暮らし。
『子育てのある暮らしを、楽しく・便利に』をテーマに情報をお伝えしています。
月を選択

おじさまと猫

 
読み終わったとき「今日はちょっと家族にやさしくしようかな」
そんな風にあたたかく、やさしい気持ちになれる作品です。



ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

あらすじをざっくりと紹介します!   


ペットショップのショーケースに並んでいる猫たち。
その中に、待っても待っても貰い手のいない1匹のブサイクな猫がいます。


ペットショップにくる人は、みんな小さくてかわいい子猫をみてばかり。
ブサイクな猫を見ては「もう成猫じゃん、子猫がいい」と過ぎていきます。


もう貰い手もないだろうと諦めていたところに、ひとりのおじさまが現れました。


おじさまは、その売れ残っているブサイクな猫抱きしめて、こう言うのです。
「私が欲しくなったのです とても可愛くて 可愛くて」
その表情は、とても暖かく優しいものでした。

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

第1話から、ウルっとくるはじまりですね  

 


このあと、おじさまは猫に「ふくまる」という名前を付けます。
「お前に出会えたことが幸福だから ふくまるだよ」
と、素敵な由来。これ以上ない名前ですね。


各話、おじさまが素晴らしすぎて「こんな人いるのかな」と読み進めていたけれど、
おじさまの勤め先の青年が代弁してくれたおかげで、感情移入もできました。

 


さて。
この作品はタイトルどおり猫の漫画で、猫好きにおすすめするのは間違いないのですが、
私は子育て世代のパパさん、ママさんにぜひ読んでもらいたいです。


なぜなら猫のお世話を、育児に置き換えて読めるから。


子供を育てるのはとても大変で、泣かれたり騒がれたりしては、
ついつい感情的に怒ってしまうこともあるかと思います。


イライラして「毎日必死にがんばってるのに何でわかってくれないの」
と思うこともあるかと思います。


でも、そんなとき息抜きでこの作品を読むことで
「そうだ、子供ってこんなに愛おしかったんだ」
と改めて思えるのです。


そして1巻を読み終えたときには
「今日は家族にやさしくしようかな」
と穏やかな気持ちになります。すごいですね。

 

ヨッシーたろう
ヨッシーたろう

最近、余裕がなくて家族にあたってしまっていると感じていたら、

ぜひ読んでみてください。気づいたらイライラがいなくなっていますよ   

 

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる